間違った英語の勉強方法
間違った英語の勉強方法とは


皆さんは間違った勉強方法をしていないだろうか?

もしくは気づいていないうちに間違っている覚え方をしているのかもしれない。

今回は間違った英語の勉強方法について考えてみることにしよう。

まずは英語の記憶の仕方について考えてみることにする。

皆さんは英語を勉強するときにどのようにして記憶をしているのかを想像してみて欲しい。

例えば単語を例に挙げるとすればそれをひたすら文字として何度も繰り返し書いて覚えようとしたりする経験をしたことは無いだろうか?

この方法が正しいと思って勉強をしている人がいるかもしれないがこれは実は記憶にとっては意味のないものだとご存知だろうか?

この何度も繰り返し書くという行動と記憶に関係がない理由はこれは動作であって記憶には関係をしていないのだ。

スポーツなどの繰り返し動作をしてコツを掴む方法としてはとても効果的であるが、英語の勉強においては無意味なのである。

これを気づいていない間に繰り返していた人はまた新たに勉強方法を見なおして欲しい次第である。

ではどのようにして英語を記憶することに心がければいいのかを考えてみよう。

それは関連性のある単語をイメージしながら覚えると記憶力が良くなるのだ。

例えば「りんご」→「りんごの木」→「高いりんごの木」などと関連することができるだろう。

記憶というものは必ず覚えている。

しかしきっかけがないため忘れたのではなく思い出せないと考えるのが正しいのだ。

思い出すためのキーワードを関連性のある言葉と結びつけることができればそれだけで記憶力が向上するのだ。

ぜひこれからの英語の勉強方法はこの方法で英語を勉強して欲しいと思っている。

やり方を少しだけ変えるだけで英語は上達することが可能なのだ。

>>>外国人の友人を作る


>>>毎日英語と関わる


>>>楽しく英語を勉強するコツ




HOME     英語は楽しみながら勉強することが大切だ     楽しむ英語とは一体何なのだろうか?     間違った英語の勉強方法